浮世をば 今こそ渡れ

ちょっと前のことですが、お出かけついでに近くであるがゆえ

いつでもいける感があってなかなかいけない場所に行ってきました

FsLQZ1ZjLQ0dHqH1491775892.jpg

なんだここ?でしょ^^

たぶん大概の日本人の皆様はご存知なところだと思います


豊臣秀吉の水攻めっていったらおわかり?

歴史の時間に習ったよね 大河ドラマにも出てくるよね 

時は戦国、信長の本能寺の変があったとき、秀吉さんは中国遠征中

毛利方のお城の備中高松城の水攻めをしてたわけですよね

その備中高松城がソレ家からも近いのです

6IJ0xsiZGvVTAEO1491776026.jpg

行ってみると、ほんと平野にポツンとある平城 

規模もたいしたことない

このまわりを近くの川から水を引いて孤立させたわけですが

確かに川はあるけど今じゃ想像つかないわ~と思っていました

でもね、資料館の中に昭和60年の水害時の写真があったのですが

見事浸かってた(°_°) ほんとにできるんだ・・・

昔話で聞くより、実際にカラー写真のその被害写真は衝撃的で

近くの高松稲荷の鳥居あたりまで水没でした

こういうのを考えて実行した秀吉さんってほんとすごい知恵者だったんだと

改めて現場に行って思うのです

MiHH9fHdSr39s5X1491775961.jpg

毛利方の高松城主、清水宗治は船の上で切腹をするのですが

そのとき詠んだのが

浮世をば 今こそ渡れ 武士(もののふ)の 名を高松の 苔に残して 

なんか味わい深い・・・

歴女な母ちゃん的には辞世の句の中でもかなり好きな句です

母ちゃん1年ほど前に知ったのですが、この清水宗治さんの後裔の方が

ソレシティにお住まいでした 

しかも母ちゃん知ってる方でした^^;

あの方がそうだったのね!

戦国時代と現代が繋がったなんとも不思議な瞬間でした

夏になると高松城の跡の堀には蓮の花が咲くそうです

宗治蓮っていうんですって

また見に行ってみよう

gy2C09ox4cuAeSP1490517320.jpg

にほんブログ村 犬ブログ ラブラドールへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

No title

あらまあ。
ちょっと前までの、うちの母と桜のお散歩コースだったんですよ。
勿論、車で移動して…ですが。
我が家に引っ越してきてからは、ちょっと遠くなったので長らく行ってないようです。

戦国武将と言えば…
私がいま一緒にお仕事している男性が、以前の勤め先で面倒を見ていた後輩くんがですね~
なんと!石田さん。
そう、石田三成の直系の子孫なんですと!
ビックリですわ。

ラミーさんニアミス~

まぁまぁお散歩コースでしたか!ほんとのんびりしたところですよね~ 
蓮の季節にまた行きたいと思います^^
ラミーさんの同僚さんの後輩君が石田三成の子孫なんてー!
いるところにはいるんですね~(笑)
歴史の中の人物の血が脈々と続いて現代まで・・・
考えるとすごい!
有名人の子孫の方がお知り合いにいるなんて、しかも光成様なんてラミーさんラッキーだー!